ヨークシャーテリアさくら&あずきと一緒に築く小さな幸せ

Prev  «  [ 2017/04 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
★カレンダー★
<03 | 2017/04 | 05>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
★訪問者数★
★登場する犬&人★

 *** mitsu ***

Author: *** mitsu ***
■□■ SACRA □■□
ヨーキー♀(Birthday:'04.1.14)
*食べることが生き甲斐の卑し系

□■□ AZUKI ■□■
ヨーキー♀(Birthday:'04.12.16)
*走る事&ボール大好き体育会系

●○● mitsu ○●○
人間♀(Birthday:04.22)
*♀所帯を切り盛りする大黒柱・・・

★いくつになったの★

★記事+コメント★
★はぴトラバ★
★はぴカテゴリー★
★読んでるブログ★
★mailはここから★

名前:
メール:
件名:
本文:

★mitsu以外立入禁止!!★

フォトグラファー講座でお勉強【第4回目】

あらためて数えてみると
フォトグラファー講座を受講し始めて、はや7回修了(オリエンテーション含む)。
ここでの更新はなぜか4回目ですが・・・

最初の6回は座学。
 ●カメラの歴史
 ●カメラやレンズの種類と構造
 ●撮影理論(露出・絞り・シャッタースピード・ISOの関連性やコントロール)
 ●アクセサリーや日常メンテナンス
 ●画像ファイルの解像度や形式による特徴、バックアップ
と、これらのことを膨大なテキストプリントとともに学びました。

そして、先日の受講日は今まで学んだことをどれだけ理解できているかテストがあったんです・・・。
前回、『テストしますよー』と言われていたので、こりゃ家で復習しとかねば!!と思ってたんですが
まぁ勉強ぎらいの私が復習をするわけもなく。
当日、お昼ご飯を食べながらテキストをチラリチラりと流し読み。

出されたテスト問題は、70点以上取れればフォトマスター検定準1級~1級レベルだそうで。
(先生オリジナルの問題なので正確ではないですが・・・)
で、mitsuのテスト結果は。。。66点でした。
惜しいっ!実に惜しいっ!!
しかし、実際にはあやふやな感じで正解した問題もあり、まだまだ勉強が必要だなと実感~。


んで、やっとこの回の後半からは外に出て撮影テクニックの実践となりました。
実践講座の初回は、ストリートスナップ。
まずは流し撮りの練習から。
実は、流し撮りってやったことないのよ。
ほら、うちのブログっていつも室内撮りが多いでしょ。
おまけにさくあず動かないし。(動かさせないと言ったほうが正確かもだけど)

流し撮りのコツは、背骨を軸に体を回転させること。
あと、もちろん主の被写体の動くスピードと合わせて回転するスピードも合わせることが重要。

 IMG_0388.jpg

車の場合、シャッタースピードの目安は1/15秒
何回やってもジャスピンになりませんでした・・・とほほ。


 IMG_0394.jpg

バイクはシャッタースピード1/8秒(これも目安で)
これは見た目、なんとなくピントが合ってるっぽいけど、大きくしてみると微妙・・・。


 IMG_0420.jpg

最後に人。シャッタースピード1/4秒(これも・・・略)
人を撮ってるとみんな怪しんで通り過ぎるの。
そりゃそうだよね~、カメラを自分に向けられてるんだから『何撮ってんのよっ』って感じよね。
もちろんブレブレ増産しまくり。

そんな中でも唯一、

 IMG_0429.jpg

これはなんか女性の青い服がアクセントになってて、
自分の中ではまぁまぁの出来栄え(ピントはもちろん合ってないけどね)。

しこたま流し撮りを練習したあとは、

 IMG_0456.jpg

なんでもない街の中にあるものを感じたままに撮ってみたり。


 IMG_0468.jpg

フラッシュを使って屋外での撮影テクニックをやってみたり。
これは内臓ストロボ(強制発光)を指で2/3塞ぎ、一部分のみ光をあてています。



 IMG_0482.jpg

これもストロボ強制発光。
太陽の光の筋を浮き上がらせるために露出を激アンダーに設定。
そして、手前の赤い葉っぱに光をあてて浮き上がらせています。
えーっと、これは私が撮った写真ではなく、先生がお手本で撮ったもの・・・。

 IMG_0494.jpg


そして次の3枚は全て同じ絞り値、シャッタースピードのもの。
(やっぱり手前の葉っぱは、ストロボ強制発光)

 cats_20101019225823.jpg

でも雰囲気が違うのはホワイトバランス設定をそれぞれ変えているからです。
色温度(K)が高いほど青みをおびていて、低いほど赤いのです。
7000Kと高い日陰は赤色を足すよう設定されているので、まるで夕日を撮ってるような雰囲気に、
3200Kと低い白熱電球は青色が足されるので、青い空が強調されたように写ります。

これらをうまく使い分けることによって、より自分のイメージする写真を撮る練習です。


実際には、まだまだありのままの写真を撮ることしか出来なくて
自分の中にイメージするという概念がないので、難しいのですが・・・ね。

次回の屋外実践講座は、構図についてを撮りながら学びます。



実践になって、楽しい半面、頭の中がグチャグチャでパニック状態。

はぁー・・・次もがんばります。