ヨークシャーテリアさくら&あずきと一緒に築く小さな幸せ

Prev  «  [ 2017/08 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
★カレンダー★
<07 | 2017/08 | 09>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
★訪問者数★
★登場する犬&人★

 *** mitsu ***

Author: *** mitsu ***
■□■ SACRA □■□
ヨーキー♀(Birthday:'04.1.14)
*食べることが生き甲斐の卑し系

□■□ AZUKI ■□■
ヨーキー♀(Birthday:'04.12.16)
*走る事&ボール大好き体育会系

●○● mitsu ○●○
人間♀(Birthday:04.22)
*♀所帯を切り盛りする大黒柱・・・

★いくつになったの★

★記事+コメント★
★はぴトラバ★
★はぴカテゴリー★
★読んでるブログ★
★mailはここから★

名前:
メール:
件名:
本文:

★mitsu以外立入禁止!!★

日々前進。

暑いですね、皆さんバテていませんか。

 2017072302.jpg

私は、というと。
薄情な。。。と思われるかもしれませんが、意外にも平常生活を送っています。

もちろん姿が見えないことは、とてつもなく淋しいのだけれど

  さくらが調子悪くなってから、そうなるときが近いのだということを感じ
  自分の中で気持ちの準備が徐々に出来ていたということ。

  さくらも一生懸命戦っていた状況から解放され、
  もう辛い思いをしないでいいね、ヨカッタね、という気持ちが強いこと。

そして何より、まだ近くにいるような気がする・・・からかな、と思います。

以下は、さくらの闘病について書いています (文章長めです) ので
見ると気を悪くする方はご遠慮くださいね。












過去のブログを見返してみると
年明けくらいに、さくらが膵炎になったことについて書いていました。

最期は、結局この膵炎が引き金となり他の臓器を壊し、
血混じりの腹水・胸水がたまり下痢、貧血、黄疸も見られました。

その中でも、おそらくさくらが一番辛かったであろうことが
食欲が全くなくなったこと。

食べなくなりはじめてから1ヶ月半。
フードをあれやこれやと変えてみてはいたものの
膵炎以外に元々腎臓もあまりよくなかったので、あげられるフードにも制限がありました。

また、フードを変えても
最初の1、2回は食べてくれるのにその後は一切受け付けず・・・を繰り返し、
固形物が食べられなくなってからはペースト状にしたフードをシリンジであげたりしてましたが
 私:『お願いだから食べてー』
 さくら:『いやー、食べたくないのー』
の攻防戦が毎日繰り広げられ、ゴハンの時間がお互いのストレスに。

しまいには、シリンジで口の奥に入れても、
舌で上手に押し出してダラダラと出してしまうようになったので
最期の4日間は鼻からチューブをとおし、そこから薬とミルク状のゴハンを与えていました。
この頃には薬すら飲めないようになっていましたので。


鼻からチューブなんて可哀そうと最初は思いましたが、
先生からはとにかくゴハンを食べて栄養とらないことには始まらないと言われ
すがる思いでやることにしたのです。

 2017072303.jpg

これは3才のころのさくら。

ブログ左に記してあるさくらのプロフィールにも書いてあるほど
ホントに食べることが世界で一番好きかと思うくらい食いしん坊でしたから。

なので、最後は胃に直接ゴハンを入れてあげることで
ストレスなくお腹を満たしてあげることが出来ました。


少しは楽になるからと、先生から酸素室をレンタルするように言われて
部屋に酸素室も設置。

最後の夜には
一晩中さくらの口元に酸素吸入器をあて続けました。

結局使ったのは2日だけで、しかもビニールで囲った酸素室は
常に私にくっついておきたいさくらを隔離してしまう気がしてほとんど使うことなく
酸素濃縮器から直接吸入器として使いました。


水飲み場までほんの数歩。
そんな近くに行くにも、時間がかかり(なるべく自力で行かせるようにしていたので)
水入れに顔を近づけてもそこで固まって水が飲めない。
やっと飲み始めるとひたすら飲み続け、飲み終わったら疲れてその場でヘタります。

そんな状態で過ごしていましたので
ガリガリに痩せてしまったさくらを見るのはとても辛いものがありましたが
でも逆に介護することでとても濃い時間を過ごせたようにも思います。


何度も何度も 『さくら大好きだよ』と話しかけました。

そして、『そんなに頑張らなくていいよ』とも。



だから、きっとあずきと虹のふもとで再会し遊んでるだろうと想像すると
穏やかな気持ちでいられるのかな。

まぁ、えらそうにこんな強気なこと言ってますが
まだまだ涙が出る場面はいっぱいありますけどね・・・



さくら、あずき。

かーちゃんは頑張って前に進んでますよ。
お空からずっと見ててねー。


C

omment

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

| 2017/07/25 16:35 [ 編集 ]

よく頑張った!!
うーー涙出るぜ・・・
さくらちゃん、食いしん坊だったのに
そんな状態だったんだね。
酸素吸入の話しはブロ友さんの所で知ったわ。
食事も呼吸も困難になるって
本当に辛かったでしょう。。。。

仕事もあって、介護もあって
貴女も本当に辛かっただろうね(>_<)
でも最期まで濃密な時間を共に過ごせて
きっと悔いはないでしょう。

病状が悪くて心の準備できたのね。
突然亡くなってしまった子もいるし
さくらちゃんが与えてくれた時間に感謝だね。

ニコニコ元気にあずちゃんと
駆け回ってる姿が目に浮かぶよ。
もう苦しくないもんね。
いっぱい泣いて、いっぱい思い出してあげて。

ハナオンマ URL | 2017/07/26 21:22 [ 編集 ]

『鍵コメぽっち』へ
そう、さくらがんばったのー。
いっぱいがんばってくれたのー。

競技会ってことは、うぱうぱ?
うぱも元気にしてるんだ!?なんかうれしい。

近いうちに、教えてくれたIDに連絡入れるね。

mitsu URL | 2017/07/27 00:15 [ 編集 ]

『ハナオンマ』さんへ
食いしん坊にとって一番つらいことだよね、食べられないって。
毎日玄関のドアを開けるのが怖かったです。
独りで逝ってしまってないか・・・と。

あずきの時はホントに突然だったから、結構ひきずったかなー。
それをさくらに救ってもらってたんだよなぁ。

さくらには感謝ばかりです!
もちろんあずきにもね!!

mitsu URL | 2017/07/27 00:26 [ 編集 ]