ヨークシャーテリアさくら&あずきと一緒に築く小さな幸せ

Prev  «  [ 2017/11 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
★訪問者数★
★登場する犬&人★

 *** mitsu ***

Author: *** mitsu ***
■□■ SACRA □■□
ヨーキー♀(Birthday:'04.1.14)
*食べることが生き甲斐の卑し系

□■□ AZUKI ■□■
ヨーキー♀(Birthday:'04.12.16)
*走る事&ボール大好き体育会系

●○● mitsu ○●○
人間♀(Birthday:04.22)
*♀所帯を切り盛りする大黒柱・・・

★いくつになったの★

★記事+コメント★
★はぴカテゴリー★
★読んでるブログ★
★mailはここから★

名前:
メール:
件名:
本文:

★mitsu以外立入禁止!!★

結論が出ない日々。

この前にも書きましたが、ふたつの悩み。

ここ(ブログ)をどうするか?は
さくあずがいたころより更新率多くないか?ってくらい、私にしては更新してる

家での時間を持て余してるのもあるけど
何かと、誰かと、さくあず関係でつながってることを実感していないと
独り感がハンパなく押し寄せてくるので、コメント欄もオープンにしてます。
  あ、かといって無理矢理でもコメント残せ!と詰め寄ってるわけではないので
  どんどんスルーしてもらって大丈夫なんですけど。

とりあえず、ひとつめはしばらくこのままさくあずの思い出や
私の近況なんか更新していければいいかな、と。

まぁ気まぐれなもんでいつまで続くかはわかりません、スミマセン。。。


で。
もうひとつの悩み。

   『さくあずの使ってたものの行く末』

これはホントどうしたらいいもんか、一案すら浮かばないのですよ。

当たり前っちゃ、当たり前なんですが
部屋の至ることろにさくあずのものがあってですね~。

必需品おトイレ。

 2017080207.jpg


クタクタのお散歩バッグにさくらのリード、あずきの雨ガッパ。
と、あまり活躍していないカート。

 2017080203.jpg


ハブラシにおやつ。
フィラリアの薬なんて、あと6回分残ってるしー。

 2017080204.jpg


小さい頃、ベッドに飛び上がれないさくらのために買った階段。

 2017080205.jpg

一生懸命、昇り降りする練習したっけな。


そして、私がいつも座る場所の傍にあるカドラー。

 2017080206.jpg

これは、あずきが来る前にすでに買っていたもの。
度々、撮った画像にも登場してます。


他にも、お風呂に入れば
さくらのカイカイ対策用の薬用シャンプーがそのまま。

さくあずの洋服タンスも、
もちろん洋服やリボン、リュック等もそのまま。
病院の領収証や診察・検査結果、鑑札なんかも13年分全て取ってあるので
洋服タンスの中に保管してあります。

色んなもののほとんどが、さくらが生活していたときのまんま定位置にある状態です。

ただ
残っていたトイレシートとあずきが使う用に買い置きしていたオムツ、
そしていくつかのフード(未開封)は、さくらがお世話になった病院へ寄付しました。


思い出がありすぎて、処分する気にはなれず。
かといって、このままっていうのもどうなんかな?

次に転勤で引っ越すときまではこのままでもいいのかな・・・。

うーん、悩むわ~。


 2017080901.jpg

おぉ!

このドライブボックスも車に乗ったまんまだー。

囲まれていたいけど。

 2017072604.jpg

この写真はひそかにお気に入り。
一緒に写っている写真ってほとんど無い中で、
さくらと私が何か話してる日常のひとコマを切り取ったものだから。

 2017072606.jpg

そして、このさくらの天使のような寝顔(←親バカでスミマセン)も大好きだったな。

 2017072605.jpg

この犬らしくない寝相も。
小さいときからおばあちゃんになるまで、ずっとこのスタイルは崩れることなかった。

色々と思い出しながら写真の整理をし、

 2017072613.jpg

お気に入りの写真はA4サイズに引き伸ばして印刷してから
額に入れて飾りました。
これともう一つ、玄関にもA4サイズの写真を飾っています。

でも、これだけに絞ることが出来ず、

 2017080202.jpg

 2017072614.jpg

他にもたくさん印刷・・・
 (ほんとはもっとたくさん印刷したかったけど、途中で正気に戻りました 汗)


ぜーんぶ、目につくところに飾っていたいけど
どうやったらスッキリと飾れるのか、模索中。

どなたか良い案はないですかね?


 2017080201.jpg



振り返る。

先週の休み。

さくあずの写真を外付けHDDに移し替え作業を行いました。

パソコンに入れっぱなしにしてあったものや、
以前使っていたパソコンに入っていた写真をCD-Rに移動させていたもの。
USBにとりあえず移していたもの。 などなど大量の写真たち。

たくさんある写真を一枚一枚ながめながらすべての写真ひとつ残らず
その時の様子が鮮明に思い出されました。

懐かしい写真ももちろんたくさん!!

 2017072301.jpg

これよりも古い写真もありましたが
なんせデジカメ初心者だし、昔の安っぽいデジカメだったので
ブレブレ写真ばっかり・・・(残念)。


特にさくらの写真は食べ物に絡んでるものが、なんとまぁ多いこと。

 2017072601.jpg

ホントに食べることが好きだったんだよねー。

そして。
ここを昔から訪れてくれている何人かの方がショーゲキを受けたらしい
あちゅの雨の日散歩スタイル。 (そのときの記事がこちら→ ☆彡

最新・・・というより斬新トレンドレインコート。

でもね、このスタイル。
実は、さくらのほうが先なんですよ。

 2017072602.jpg

さくあずが、まだトップノット結わえてる時代。
くぅぅ~、懐かしいな。

たしか、初めて開設したso-netのブログで披露したような気がします。
      (もうそのブログは削除してしまってるのが残念)
雨の日にも外で用を足すために散歩に出なければならず
当時、雨ガッパを持っていなかったさくあずのため
無い知恵をしぼって生み出した傑作です。

そして、あちゅはどんどんオリジナリティを発揮していったのです!

 2017072603.jpg

雨カッパを着せてもらってるのに
頭にビニール袋を被るとは、誰が想像したでしょうか。


でも、ヨーキーという犬は、本来気品ある犬種だと思うので
もっとかわいい恰好させてあげればよかったかな。

うちは、かわいいとかエレガントなどとは程遠く
なぜか笑いに走ってしまってたなー。 (反省)


さくちゃん、あちゅ。
そちらでは、おしとやかにやってるのかな?

あまりにも振舞いが変わってしまって、私が見つけられなかったらいけないので
こちらにいたときのままでいてほしいなーと思ったりもして。


 2017072901.jpg


そっかー。
たしかにそうだね。

新しい食器。

さくら用にフォトフレームを買わなくちゃ。。。と思っていたら
友達が火葬に立ち会うため広島から来てくれたときに、持参してくれました。

 2017072611.jpg

右側がさくらです。
コレ、見覚えある方いますかね?
実はあちゅのフレームを買ったときに友達にプレゼントしたもの。

『中に入れる写真がなくてケースに入ったそのままで飾ってたから、さくらに~』って。

いわゆる返してもらったってやつですかー??

あちゅとおそろいになったのでありがたく(?)受け取りました


そして、
今まであずきがいたキッチン前のカウンターは2ワン分となりぎゅうぎゅうすし詰め状態。


ということでお引越し。

      2017072615.jpg

さくあず専用に、と無印良品でシェルフを購入。

今まで使っていた食器とテーブルも残しておきたかったので
中段に飾っています。

ゴハンとお水入れが、今まで使っていたものだと場所をとっていたので
『仏具が欲しいな~、でもペット葬儀場などに置いてあるもので気に入るものがないな~』
と思って、ネットで探してたら
近所にペットメモリアルショップ『DEARPET』というお店があったので
実物を見て購入したいと思い足を運びました。


 2017072612.jpg

ちょうど良い大きさだし、足あとがカワイイ~。
真ん中にある銀色の球体は『おりん』です。
毎日ゴハンをあげるときにチリンチリンと鳴らして話しかけています。

ゴハンを入れている器、実はこれ人間用のお猪口。

『I MY DOG』と書かれた桐の箱は、
さくあずの毛っけを保管するためにネットで探して購入したもの。



さくあず、気に入ってくれてるかなー。

『ゴハン少ないなりよーっ!!』って言ってたりしてね


日々前進。

暑いですね、皆さんバテていませんか。

 2017072302.jpg

私は、というと。
薄情な。。。と思われるかもしれませんが、意外にも平常生活を送っています。

もちろん姿が見えないことは、とてつもなく淋しいのだけれど

  さくらが調子悪くなってから、そうなるときが近いのだということを感じ
  自分の中で気持ちの準備が徐々に出来ていたということ。

  さくらも一生懸命戦っていた状況から解放され、
  もう辛い思いをしないでいいね、ヨカッタね、という気持ちが強いこと。

そして何より、まだ近くにいるような気がする・・・からかな、と思います。

以下は、さくらの闘病について書いています (文章長めです) ので
見ると気を悪くする方はご遠慮くださいね。












過去のブログを見返してみると
年明けくらいに、さくらが膵炎になったことについて書いていました。

最期は、結局この膵炎が引き金となり他の臓器を壊し、
血混じりの腹水・胸水がたまり下痢、貧血、黄疸も見られました。

その中でも、おそらくさくらが一番辛かったであろうことが
食欲が全くなくなったこと。

食べなくなりはじめてから1ヶ月半。
フードをあれやこれやと変えてみてはいたものの
膵炎以外に元々腎臓もあまりよくなかったので、あげられるフードにも制限がありました。

また、フードを変えても
最初の1、2回は食べてくれるのにその後は一切受け付けず・・・を繰り返し、
固形物が食べられなくなってからはペースト状にしたフードをシリンジであげたりしてましたが
 私:『お願いだから食べてー』
 さくら:『いやー、食べたくないのー』
の攻防戦が毎日繰り広げられ、ゴハンの時間がお互いのストレスに。

しまいには、シリンジで口の奥に入れても、
舌で上手に押し出してダラダラと出してしまうようになったので
最期の4日間は鼻からチューブをとおし、そこから薬とミルク状のゴハンを与えていました。
この頃には薬すら飲めないようになっていましたので。


鼻からチューブなんて可哀そうと最初は思いましたが、
先生からはとにかくゴハンを食べて栄養とらないことには始まらないと言われ
すがる思いでやることにしたのです。

 2017072303.jpg

これは3才のころのさくら。

ブログ左に記してあるさくらのプロフィールにも書いてあるほど
ホントに食べることが世界で一番好きかと思うくらい食いしん坊でしたから。

なので、最後は胃に直接ゴハンを入れてあげることで
ストレスなくお腹を満たしてあげることが出来ました。


少しは楽になるからと、先生から酸素室をレンタルするように言われて
部屋に酸素室も設置。

最後の夜には
一晩中さくらの口元に酸素吸入器をあて続けました。

結局使ったのは2日だけで、しかもビニールで囲った酸素室は
常に私にくっついておきたいさくらを隔離してしまう気がしてほとんど使うことなく
酸素濃縮器から直接吸入器として使いました。


水飲み場までほんの数歩。
そんな近くに行くにも、時間がかかり(なるべく自力で行かせるようにしていたので)
水入れに顔を近づけてもそこで固まって水が飲めない。
やっと飲み始めるとひたすら飲み続け、飲み終わったら疲れてその場でヘタります。

そんな状態で過ごしていましたので
ガリガリに痩せてしまったさくらを見るのはとても辛いものがありましたが
でも逆に介護することでとても濃い時間を過ごせたようにも思います。


何度も何度も 『さくら大好きだよ』と話しかけました。

そして、『そんなに頑張らなくていいよ』とも。



だから、きっとあずきと虹のふもとで再会し遊んでるだろうと想像すると
穏やかな気持ちでいられるのかな。

まぁ、えらそうにこんな強気なこと言ってますが
まだまだ涙が出る場面はいっぱいありますけどね・・・



さくら、あずき。

かーちゃんは頑張って前に進んでますよ。
お空からずっと見ててねー。